田舎暮らしに関する情報が満載!

田舎暮らしは土地が大切です

田舎暮らしをするためには土地が非常に大切です。
田舎で暮らすためには、マンションなどの住宅が少ない傾向があり、戸建て住宅に住む事が多くなります。
そのため、土地を購入する必要がある暮らしとなります。
田舎で暮らす事によって収入が減る可能性もあります。
田舎では、物価が安い傾向にありますが、仕事も少なく、賃金が低い仕事が中心となりますので、戸建て住宅を賃貸するよりも土地を購入して田舎暮らしをする事が大切です。
そうする事によって支出を減らす事が出来ますので、家計が助かるようになります。
田舎で暮らすためには自分で住む場所を確保する事が必要となりますので、自分自身で住む場所を見つけておく事が重要です。
また、価格自体は都会に比べて非常に安い傾向がありますので、とても安い価格で購入する事が出来ます。
頭金なども安く済みますので、安い予算で住宅まで購入をする事が出来るようになっており、新しい生活をするための予算は少なくても大丈夫です。

田舎暮らしに適した土地ってどんなところ?

日本では、勤務時間が長く、都心部に近いところまたは、電車で1時間圏内の所に住む人が多いですが、イタリア流田舎暮らしのご紹介とともに価値観の違いを見ていきたいともいます。
イタリアでは、「ミラノのような都心部は働くビジネスの場であって、住むところではない。
」という認識をしている人が多いです。
もちろん土地の購入価格もたかいので、生活空間も狭くなります。
彼らは、通勤に時間がかかっても、静かな場所に住む事を望みます。
田舎暮らしは、日本では引退後の選択肢になりがちですが、イタリアでは、若い世代や子育て世代に特に人気があり、静かな環境で成長出来ることに価値を見出しています。
やはり、家の窓を開けた時に緑が見えて、鳥の鳴き声が聞こえるのはとても心地の良いものです。
例え、仕事の場が遠くなっても静かに心安らぐ場所に住み、人生を謳歌します。
そのようなイタリア人ならではの考え方も大切ですね。
そうすることで、仕事と休暇のオンオフをしているのですね。

2015/9/9 更新